企業情報

ご挨拶

株式会社山下は、1864年、糸魚川西頚城地区に衣料品を扱うお店として根を下ろし、150余年地元に親しまれてきました。

現在は業態別に2つの法人となり、それぞれの分野でご奉仕させていただいております。

企業理念

「主役はお客さま」であることを常に意識し、多くのお客さまの「信頼」を継続して獲得していくことが、株式会社山下の企業理念です。これは、あたりまえのことであっても、なかなか出来ないことです。

経営ビジョン

広く内外のお客さまの要求にお応えし、新しい業態・業種を求め、価値のある商品を生み出し、時代と共に前進を続け、永遠にその存在を認めていただくことが、株式会社山下の願いです。

また、地元糸魚川市の産業を支える企業になるため、人材育成・市場開拓など、幅広い分野に対して働きかけを行い、その存在意義を高める努力を怠らないよう努めていきます。

経営戦略

株式会社山下では、「現場主義」と「連携主義」という2つのフレームワークを通じて、「バランスのとれた経営」を目指しています。

事業戦略

衣料品の販売をはじめ150余年培ってきたノウハウを生かしつつ、刻々と変化するお客さまのニーズに応えるため、インターネット技術などの新たな技術を取り入れながら、市場動向にあった商品開発やサービス向上に努めていきたいと考えています。

沿革

2014年(平成26年2月)
ネット通販事業に子供用フォーマル衣装のレンタルを追加、楽天市場にレンタル子供服H&Hオープン。
2013年(平成25年3月)
山下奴奈川店にレンタルのやました糸魚川配送センター設置。
糸魚川創寫舘を山下奴奈川SC店内に移動。平安堂営業終了。
2012年(平成24年9月)
山下敏弘(山下家十代目)代表取締役社長に就任。
山下建夫は代表取締役会長となる。
常務取締役に中村朝明就任。
2011年(平成23年3月)
ネット通販事業として礼服のレンタルを開始、楽天市場にレンタルのやましたオープン。
2010年(平成22年4月)
富山県富山市上大久保グリーンバレー大沢野ショッピングセンター内にジュンコ大沢野店オープン。(88坪)
2008年(平成20年3月)
ジュンコタピス店内にライブステーション(FC)オープン。
2007年(平成19年3月)
カメレオンクラブに、古着・書籍などのリサイクル部門を追加。
衣料品部門においても貴金属リサイクル事業を開始。
2006年(平成18年7月)
ジュンココスモ店内に女性専用サーキットトレーニングライブステーション(FC)オープン。
2006年(平成18年7月)
山下奴奈川店リニューアルオープン。
平安堂、カメレオンクラブ、糸魚川創寫館(山下本町店より移動)の構成とする。
2006年(平成18年4月)
糸魚川市南寺町2丁目にハピーとともに奴奈川ショッピングセンターをオープン。(500坪)
本町店と奴奈川店の衣料品部門を合併し、山下奴奈川SC店とする。山下本町店営業終了。
2005年(平成17年5月)
富山県下新川郡入善町入善ショッピングセンターコスモ21内に、ジュンココスモ店をオープン。(200坪)
2004年(平成16年6月)
富山県西砺波郡福岡町福岡ショッピングプラザタピス内に、実用・婦人向け衣料品ショップJUNKO(ジュンコタピス店)をオープン。(60坪)
1997年(平成9年9月)
埼玉県所沢市にフォトスタジオ所沢創寫館(FC)オープン。(70坪)
1995年(平成7年5月)
山下本町店にフォトスタジオ糸魚川創寫館(FC)オープン。(80坪)
1994年(平成6年11月)
山下奴奈川店を一部改装し増床。
奴奈川店内にカメレオンクラブ(ゲームFC)オープン。(16坪)
1993年(平成5年5月)
糸魚川市南寺町1丁目に山下奴奈川店をオープン。
売場面積衣料品288坪、平安堂(書籍FC)58坪。
1993年(平成2年3月)
株式会社新潟ニチイへ株式会社糸魚川ショッピングセンターの事業譲渡。
ショッピングセンターアイビスとしての営業終了、ニチイ糸魚川店となる。
1985年(昭和60年)
糸魚川市横町にショッピングセンターアイビスオープン。売場面積2000坪。
株式会社山下が全額出資し株式会社糸魚川ショッピングセンター設立。
1982年(昭和57年)
山下建夫(山下家九代目)代表取締役社長に就任。山下英一は代表取締役会長となる。
1980年(昭和55年)
株式会社ハピー設立、食料品部門を独立分離する。
1974年(昭和49年)
資本金2000万円に増資。
1972年(昭和47年)
百貨店として通産省より正式認可を受ける(山下本町店)。
1971年(昭和46年)
店舗を4階建に増改築し売場面積770坪に増床。
エスカレータ1基増設、エレベータ新設、食堂新設。
【取扱商品追加】生鮮三品・ベーカリー
1969年(昭和44年)
資本金1000万円に増資。
売場面積430坪に増床、エスカレータ2基新設。
【取扱商品追加】ドライ食品・家庭用品・玩具・スナック類
1958年(昭和33年)
店舗を80坪に拡大。
【取扱商品追加】婦人既製服・ベビー用品・子供服
1956年(昭和31年)
山下英一(山下家八代目)社長に就任。
1954年(昭和29年)
店舗を50坪に拡大。
【取扱商品追加】服地・肌着等
1950年(昭和25年)
会社組織とする。資本金350万円。社長に山下清一、専務に山下英一就任。
【取扱商品追加】呉服、寝具
1946年(昭和21年)
太平洋戦争による2年間の閉店後、営業を再開する。
【取扱商品】配給衣料・文房具・家庭用品・真綿製品・家具等
1933年(昭和8年)
糸魚川大火(昭和7年12月)により全焼した店を再建。売場面積25坪。
1910年(明治43年)
三代目山下清一(山下家七代目)に変わる。
1899年(明治32年)
二代目山下清八にて店舗を糸魚川市本町通りに移転。
1864年(元治元年)
初代山下清八(山下家五代目、衣料品として初代)糸魚川市七間54番地にて衣料品を取扱う。